交通事故FAQ

弁護士保険のカバー範囲(上限)

 相手方の保険会社からの保険金の提示が思うような金額ではありません。交通事故の加害者に対する損害賠償の交渉・裁判を弁護士に依頼する場合、弁護士費用が心配です。私が加入している任意保険に「弁護士費用特約」がついているのですが、これで弁護士費用をまかなうことはできますか。

 ほとんどの事案において、弁護士費用特約の範囲内で解決を行うことが出来ると思われます。弁護士保険は、各保険会社によって若干の差異はありますが、弁護士等への「相談料」は10万円まで、弁護士費用の「総額」は300万円までとの条件を定められています。

多くの交通事故では、弁護士費用がこの上限額を超えることはありません。また、死亡、重度後遺障害が残るような重傷事故により賠償金が高額となってしまい、弁護士費用特約でカバーできないケースであっても、当事務所では、個別具体的に弁護士費用について対応させていただいております。

まずは、お気軽にご相談ください。

<弁護士費用特約のチェックポイント>

 ・「自動車保険」だけでなく、ご自宅の「火災保険」も確認

 ・自分名義の保険だけでなく、ご家族名義の保険も確認(6親等内の血族、3親等内の姻族など)

 ・弁護士費用特約の利用は、「ノーカウント事故」扱いです(利用によって保険料は高くなりません)

 ※具体的な保障内容は、各保険会社へご確認ください