交通事故FAQ

交通事故の損害賠償金と税金

Q 私は交通事故に遭い、加害者の任意保険会社から、慰謝料等として合計200万円の賠償金の支払いを受けましたが、この賠償金に税金はかかるのでしょうか。

A 交通事故を原因として、被害者が治療費、休業損害、慰謝料等の損害賠償金などを受け取ったときは、これらの損害賠償金等は非課税とされています。よって、交通事故による損害賠償金については、原則として課税されません

もっとも、これらの損害賠償金のうち、①死亡事故の場合(相続税)や、②事業にかかわる損害(その被害者の各種所得の金額の計算上必要経費に算入される金額を補てんするためのもの)が含まれている場合には、その補てんされた金額に相当する部分については、各種所得の収入金額とされ、課税がなされる場合があります。

1 死亡事故の場合
交通事故で被害者の方が亡くなられた場合、遺族が加害者から受け取る損害賠償金については相続税の対象とはなりません。(相続税法2条)

また、遺族が加害者から受け取る損害賠償金は、遺族自身の所得となりますが、前述の通り、交通事故による損害賠償金には所得税法上の非課税規定がありますので、原則として非課税となります。 

ただし、被相続人が生存中に和解が成立し、損害賠償金を受け取る合意が行われた場合、損害賠償金は遺族の所得とはならず、損害賠償金を受け取る権利が相続財産となるため、相続税の対象となります。

2 事業に関わる損害
<例>

事業を営んでいる方が、交通事故により在庫商品を破損された場合。支払われる損害賠償金は商品の売却代金に代わる性質を持つため、事業所得の収入金額となります。

交通事故の損害賠償金について、税務関係でご心配な点がある方は、交通事故の専門家である弁護士へご相談されることをお勧めします。

 

<ご参考>
国税庁の所得税の基本通達では、以下のような損害賠償金等を受け取ったときは非課税とする旨規定されています。
①心身に与えられた損害について受ける慰謝料
②不法行為その他突発的な事故により資産に加えられた損害について受ける損害賠償金など
③心身又は資産に加えられた損害につき支払を受ける相当の見舞金