交通事故FAQ

交通事故の損害賠償請求について弁護士に依頼するメリット

 交通事故の損害賠償請求について、弁護士に依頼をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 交通事故における損害賠償請求において、弁護士へ依頼するメリットとしては、以下のようなものがあります。

請求の基準
・弁護士を通さずに、本人で交通事故の損害賠償交渉を行う場合、慰謝料の基準などは、最低限の基準を定める「自賠責基準」または各保険会社が内部で定める「任意保険の基準」となることが一般的です。

これに対し、弁護士が介入した場合、裁判所の基準である「裁判基準」を前提として話し合い、裁判を進めることができます。

連絡窓口、対応
・加害者本人との交渉は、相手が感情的になったり、逆に被害者との連絡を拒んだりなど、コミュニケーション自体が難しい場合が多いといえます。

・保険会社との交渉は、経験豊富な担当者と直接やり取りを行う必要がありますが、多くの方は交通事故など人生で何度も遭遇するものではなく、知識と経験の差が大きくあるため、保険会社が裁判所基準を大きく下回る保険会社独自の基準に従って示談提示をしているにもかかわらず、「そういうものなのか」と言いくるめられてしまうことも少なくありません。

・弁護士に依頼すれば、保険会社の提示する示談案を検討し、不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく、裁判所基準に従って適正な賠償を受けることができるようになるのです。