交通事故FAQ

植物状態での賠償請求手続き(成年後見制度)

   私の兄は、交通事故によって、頭部に重傷を負い、植物状態になってしまいました。兄が受けた損害の賠償請求を行うためにはどうしたらよいのでしょうか。

 交通事故の被害者が植物状態になってしまった場合には、被害者ご自身が話をしたり、意思表示を行うことができないため、被害者のために代わって請求を行う代理人が必要となります。

被害者の方が未成年の方の場合、両親などが法律上、代理を行うことができますが、被害者が成年の方の場合には、家庭裁判所に対して、「後見人選任の申し立て」を行い「成年後見人」を選任してもらう必要があります。

成年後見人は、被後見人(被害者)に代わって、同人が受けた損害について、損害賠償の請求、裁判を行うことになります。

なお、成年後見の申し立てにかかった費用についても賠償請求を行うことができます。成年後見制度を含め、手続きについては交通事故の専門家である弁護士へ相談しながら進めることをお勧めします。