交通事故FAQ

交通事故賠償の責任者(車の所有者)

Q  私は、2週間前に家の近くの駐車場に停めていた自動車を盗まれました。昨日、警察から連絡があり、盗まれた車を運転していた犯人が通行人をはねて交通事故を起こしたようです。被害者の人から、私が損害賠償の請求を受けることはありますか。

 自動車に関する多数の犯罪が発生する現代では盗難車が犯罪に使用されたり、乱暴な運転によって交通事故が発生することは珍しくありません。盗難車が事故を起こして他人に損害を与えたとき、盗難車の所有者損害被害者の方へ賠償責任を負わなければならないのでしょうか。

原則として請求されることはありませんが、事情によっては請求が認められる場合があります。

交通事故においては、運転者である加害者が責任を負うのが当然ですが、それ以外にも自動車の所有者についても、一定の場合には責任を負うことがあります(所有者責任)。

自動車の所有者が、直接の加害者の起こした事故について責任を負うのは、加害者に対して、自分の車を使用することを許諾した場合が原則となりまず。例外的に、車の管理に落ち度があったために盗まれたという場合には請求できることもありますが、これは極めてまれなケースであると考えられます。

(例)・他人の立ち入りが容易な場所に、エンジンをかけたままで長時間放置していた場合
・盗難被害に遭ったあと、速やかに盗難届けを出さなかった
・盗難から事故発生までの時間が近接している
など