交通事故FAQ

生命保険金と損害賠償金(損益相殺)

 私は、交通事故によって妻を失ってしまいました。妻の生命保険の保険金を受け取りましたが、この生命保険金は、交通事故の加害者から受けとる損害賠償の金額に影響するのでしょうか。

 交通事故の損害賠償金と、生命保険金に関係はありません。生命保険の保険金は、保険料を支払った対価であり、交通事故の損害賠償金とは無関係なものです(損益相殺の対象とはなりません)。

生命保険は、被害者またはその関係者(被保険者)が自ら掛け金を負担して、事故が生じた場合に保険金を受け取るものですし、賠償義務者の債務が減額されれば、この保険の利益を加害者が受けることになり、それは不当です。したがって、生命保険金を受け取っても、損害賠償額が減額されることはありません。
生命保険に付帯している傷害・入院給付金、被害者が加入している傷害保険による給付も同様です。

よって、交通事故による損害賠償金は別に全額受領できることになります。

なお、社会保険給付(労災給付、国民年金法、厚生年金法、公務員共済組合法による給付など)は、損害賠償金から控除される可能性が高いものですが、労災保険の特別支給金等、裁判上「控除されない」と判断されたものもあります。個別の判断が必要となります。

死亡事故の場合、賠償金が多額に上ることが多いこともあり、賠償の金額について保険会社と大きな争いになることが少なくありません。
死亡事故については、交通事故の専門家である弁護士へ相談しながら勧めることをお勧めします。