交通事故FAQ

物損事故(修理費用)

 私は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていたところ、後ろの車から追突事故を起こされました。
幸いにもケガはなく、車のバンパーなどが破損したため修理に出しましたが、
物損事故の場合、損害賠償として修理費用などはどの程度払ってもらえるのでしょうか。

 交通事故の物損事故において、主な損害賠償としての範囲は、次のようなものになります。

<物損事故の損害賠償の対象>
  ・修理費用
  ・評価損
  ・代車使用料
  ・(商業用車両の場合)休車損
 など

物損事故の場合、「修理の要否」、「修理にかかる金額」や「評価損の発生、金額」について、争いとなることが少なくありません。

自動車の修理が可能である場合、修理費が損害額となります。

具体的には、修理前であれば修理工場の見積書が、修理後であれば請求書の金額が、この修理費となります。しかし、見積書や請求書の金額が高いといって修理費の金額及び損害が今回の事故かどうかが争いになることがあります。

この場合、修理費を査定する公的な機関はありませんので、公正さを保つために、より大きな修理工場に見てもらうか、複数の修理工場の修理費の平均をとるほかありません。

物損事故の場合、人身事故と比べ、①損害額が小さいこと、②自賠責(自動車損害賠償法)の保障範囲に含まれず、任意保険の保障にも制限がある(よって任意保険でカバーされない損害については、民法の不法行為に基づいて相手方に損害賠償を求めることになる)ことなどから、その対応においては、費用対効果を意識することが重要になります。

なお、車両の修理費用が車両価格を上回っている場合(経済的全損)には、修理費用ではなく、買い替え費用(買い替え差額)が賠償の対象となります。

<修理せずに車を買い替えた場合>
被害車両を修理に出さずに下取りしてもらって新しい車を買う方もおられます。このような
場合、事故当時の時価から下取り価格を差し引いた金額を相手方に請求することは困難です。

仮に修理をした場合の修理費が、その差し引いた金額よりも安い場合には、原則として安い修理費が損害額となります。その差し引いた金額そのままを損害と認められることは困難です。