交通事故FAQ

物損事故(レッカー代、車両保管費用など)

Q 私は、1か月前に、自動車を運転中対向車線からセンターオーバーしてきた自動車と衝突する交通事故で車が大破し、レッカーにより修理工場に運ばれ、費用がかかりました。このレッカー代や車両保管費用は交通事故による損害として加害者に対して請求を行うことが認められますか。

  交通事故の物損事故において、主な損害賠償の範囲は、次のようなものになります。

物損事故の損害賠償の対象
  ・修理費用
  ・評価損
  ・代車使用料
  ・(商業用車両の場合)休車損
 など

交通事故により車両が壊れた際には、修理費用や買い替え差額などの支払いを受けることになりますが、それ以外にも事故と相当因果関係が認められる費用であれば、損害として請求することができます。

物損事故にかかる費用
  ・車両保管料
  ・レッカー代
  ・時価査定料
  ・通信費
  ・交通事故証明書交付手数料
 など