交通事故FAQ

保険会社提示の示談金額の妥当性|弁護士による交通事故相談

 私は、横断歩道を横断中に信号を無視して突っ込んできた自動車にはねられケガを負いました。治療が終了し、保険会社が示談の提示を行ってきましたが、その金額が妥当なのかどうか分かりません。どのように対応したらよいでしょうか。

 交通事故の示談の場面において、数多くいただくご相談が、保険会社からの示談金の提示が適正なものなのかというものです。

実務上、交通事故による損害賠償額を算定する基準には、以下の3つの基準があります。

自賠責保険基準:自動車損害賠償保障法(自賠法)が定めている基準
任意保険基準:任意保険会社が独自に定めている基準(任意保険基準)
裁判基準:弁護士や裁判所において用いられている基準

交通事故の損害賠償額の基準の関係は、以下のとおりです。
 ①自賠責保険基準<②任意保険基準<③裁判基準 (金額が大きい)

法律、裁判上で適正な損害賠償額は、裁判基準です。
加害者の任意保険会社と示談交渉をする際には、任意保険会社から提示された示談金額が裁判基準に照らして妥当なものかどうかを必ずチェックする必要があります。

示談金が適正かどうかは、以下の2点から判断することになります。

 1   損害の項目が漏れなく計上されていること
 2   各損害の評価が「適正」になされていること

治療費や通院交通費等は、実際にかかった費用が認められることが多いですが、「休業損害」、「慰謝料」(傷害慰謝料、後遺障害慰謝料)、「逸失利益」といった項目については、適正な計上がなされていることは少ないといえます。

一旦、示談書にサインをしたのちに、その内容を覆すことは非常に困難です。
最終的に示談する前に、項目や金額に疑問がある場合には、交通事故の専門家である弁護士へ一度ご相談されることをお勧めします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士 大隅愛友(おおすみ よしとも)