交通事故FAQ

示談交渉の進め方|弁護士による交通事故相談

 私は、バイクに乗って3か月前に交通事故に遭い、腰を負傷しましたが、治療を受けて今月、「症状固定」の状態になりました。

加害者の任意保険会社からは、この後、後遺障害の認定手続きを経た後、示談の手続きを進めたい旨の連絡を受けていますが、時間がかかるようであれば、入通院慰謝料など傷害部分について先に示談を行い、後遺障害部分(逸失利益、後遺障害慰謝料)は、後で協議するというような示談の進め方は可能でしょうか。

 示談とは、交通事故に関する損害賠償について、当事者間の話し合いによって、お互い譲歩をし合って解決することを言います。

示談の進め方としては、被害者に生じた「損害の確定後」に開始されるのが通常ですが、加害者側の保険会社の対応にもよりますが、一部の損害に関する示談を先に進めることが可能な場合があります。

仮に、傷害部分を先に示談を進める場合には、示談の際に「後遺障害部分は別途協議する」といった文言を入れるなどして、後で後遺障害部分についても損害賠償を請求できるようにしておくことが重要となります。

後遺障害の認定結果次第では、傷害慰謝料の計算方法が変わる場合がありますし、加害者の保険会社も後遺障害の認定結果次第で、交渉の態度を変えることがあります。また、後遺障害の認定手続き自体は、「事前認定」または「被害者請求」のいずれによっても、それほどの期間はかからないことが通常です。

そこで、ご質問の場合には、特別な事情がなければ、後遺障害の認定を待ち、示談を進めることがよろしいのではないかと思われます。

なお、治療が長引いたり、その間の生活費に困る場合には、「内払い」や「仮払い」の制度の利用を検討することをお勧めします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士 大隅愛友(おおすみ よしとも)