交通事故FAQ

交通事故の事故態様・過失割合

 私は交差点を青信号で直進していたところ、対向車線から右折してきた自動車とにぶつけられてしまいました。相手方が一時停止を怠ったため起きた事故であり、私の非はないと思っていましたが、警察に私の方にも過失があるかもしれないといわれました。交通事故の「過失割合」はどうやって決まるのでしょうか?

A 交通事故の損害賠償において、重要なポイントは2つあります。1つ目が「事故態様・過失割合」であり、2つ目が「損害論」です。

交通事故損害賠償の適正な解決のためには、この2つの理解が非常に重要となります。

過失割合については、多数の裁判例の集積などにより、裁判所、弁護士、保険会社のいずれも、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(判例タイムズ社)をもとに責任・過失割合を検討することになります。

過失割合の検討のポイントとしては、加害者・被害者が自動車、バイク、自転車、歩行者だったのか、事故の現場が交差点・信号の有無、色、直進道路、駐車場その他などがあります。

一般的に、自動車などを運転する際には、道路交通法などを遵守して運転する必要があり、交通事故の過失割合の検討の際にも、なかなか100対0の過失割合とはならず、何らかの落ち度(過失)が認められることが一般的です。

もっとも、過失割合は、その後の賠償請求の際にも大きく影響するものであり、また、証拠の有無などの点でも争いとなることが少なくありません。

事故態様・過失割合について、問題となった場合には、速やかに交通事故の専門家である弁護士へ相談されることをお勧めします。