交通事故FAQ

義手、義足などの装具代

 私は、交通事故によって、義手の装着を余儀なくされました。将来、定期的なメンテナンスや買い替えなどの費用も出てくると思いますが、交通事故の損害賠償として、支払ってもらうことはできるのでしょうか。

A 交通事故によって手足を失ったり、失明したり、歯を欠損したりした場合には、医師の指示があれば原則として、義手義足義眼義歯などの装具代の購入費相当額が認められます

また、将来的に交換の必要性があるものについては、その必要期間または、余命年数までの間の交換費用も損害と認められますのでご安心ください。もっとも、交通事故の逸失駅などと同様に、将来に関する部分については、原則として「中間利息」は控除されます。