交通事故FAQ

治療費の打ち切りへの対応

 私は、交通事故によって頸椎挫傷、腰椎挫傷の診断を受け、治療を続けていますが、事故後6か月を経過したところ、保険会社の担当者が、そろそろ症状固定なので、治療費を打ち切りたい旨を伝えてきました。私としては、まだ痛みが残っており、お医者様も治療を続けるよう言ってくださっています。

このような場合でも、治療費の支払いは打ち切られてしまうのでしょうか。

 治療費の打ち切りは、交通事故の人身事故のうち、むち打ちなどの神経性の傷害治療において、よく問題となる事柄です。

交通事故によって負ったケガの治療を行った結果、治癒または「症状固定」に至れば、その後の治療費は請求できなくなります。

症状固定とは、「傷病の症状が、投薬、理学療法等の治療により一時的な回復がみられるにすぎない場合」など症状が残存している場合であっても、医療効果が期待できないと判断される場合には「症状固定」とし、残った症状については、これを「後遺障害」と考え、後遺障害部分について別途相手方に損害賠償を請求することになります。

保険会社の担当者は医学的に症状固定に至っていないにも関わらず、治療費負担等の軽減のために、早期に治療打ち切りをいってくる場合もあります。このような場合には、弁護士に依頼したり、担当医に治療の必要性に関する意見書を作成してもらうなどして対応を行っていくことになります。