交通事故FAQ

休業損害(給与所得者)

 私は、都内の会社に勤めるサラリーマンですが、千葉で交通事故に遭ってしまい、入院や通院のため、仕事を休まざるをえませんでした。仕事を休んだために発生した損害について、損害賠償請求を行うことはできますか。

 基本的には、事故前3ヶ月の給与支給額を基に算出します。

<給与所得者の休業損害の計算>
   事故前3か月分の給与収入合計額 ÷ 90日 =日額収入額(基礎収入額)  × 休業日数

給与所得者の基礎収入額(所得税額を控除しない所得額)は、収入証明書または源泉徴収票等も基準にして算出する場合があります。収入証明書を発行してもらえない等の何らかの事由により、収入を証明する資料を集めることができないときは、賃金センサス(主要な産業に雇用されている労働者について、その賃金の実態を労働者の種類、職種、性別、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別に集計し、わが国の賃金構造の実態を表したもの)の第1巻第1表の男女労働者別平均給与額または年齢別平均給与額によって算出する場合もあります。

さらに、休業による「賞与の減額」や「昇給の遅延」などによる減収が発生した場合も、勤務先から賞与減額証明書等をもらって、保険会社に提出すれば損害として請求できることがあります。