交通事故FAQ

休業損害(失業者)

 私は交差点を渡っていたところ、信号を無視して交差点に進入してきた自動車にはねられ、全治3か月のケガを負いました。事故の1か月前に以前に勤務していた会社を退社し、求職中だったのですが、その様な場合でも「休業損害」は請求できますか?

 休業損害は、交通事故によって負った怪我の治療のため、仕事を休まざるを得なくなったことによって被った損害であり、失業中の場合、実際に働いておらず現実収入がないため、休業損害は請求できないのが原則となります。

もっとも、しかしながら、失業中であっても、すでに就職が内定している、また就労する蓋然性の高い失業者は、実際に事故がなければ就労による収入を得られた可能性が高いので、決定している給与額または賃金センサス等の統計の平均給与額により算出した休業損害を請求できる可能性があります。

この場合、保険会社から具体的な内定証明書等の書面による証明が要求されます。また、その基礎となる収入の金額の認定についても激しく争われます。

失業中の休業損害については、交渉、裁判手続きにおいて、その認定が難航するケースが多いと言えます。失業中の休業損害については、交通事故の専門家である弁護士へ相談されることをお勧めします。