交通事故FAQ

休業損害(アルバイト)

 私は、自転車を運転して青信号で直進していたところ、交差点で右折をしてきた自動車と接触し、ケガを負いました。ケガの治療のため、2週間、アルバイトの仕事を休まなければならなくなったのですが、休業損害は出るのでしょうか。

 交通事故を原因とする傷害の治療のため、仕事を休まざるを得なくなった場合、休業損害の請求を行うことができます。

休業損害は、基礎収入 × 休業日数によって定まります。基礎収入は、職業・身分などによって、算出の方法が異なります。

アルバイトの場合には、事故前3か月の収入合計額を90日で割って、基礎収入額を算出し、これに休業した日数をかけて算出します。この場合、交通事故時における、アルバイトや契約期間、季節的要因等も考慮されることがあります。