交通事故FAQ

休業損害(会社役員)

 私は、自動車で信号待ちをしていたところ、後続車に追突され、首と腰の治療のため、会社を休むことを余儀なくされました。私は会社の取締役なのですが、休業損害は、どのように算出されるのでしょうか。

 交通事故を原因とする傷害の治療のため、仕事を休まざるを得なくなった場合、「休業損害」の請求を行うことができます。

休業損害は、基礎収入 × 休業日数によって定まります。基礎収入は、職業・身分などによって、算出の方法が異なります。

会社役員は、役員報酬のうちの労働の対価と認められる部分については、事業の規模、形態、当該役員の職務内容等を考慮して、休業損害を請求することができます。これに対して、役員に対する会社の利益配当と認められる部分は、原則として損害とは認められません。

任意保険会社によっては、容易には役員報酬を休業損害として認めないものもあり、認定の有無によって金額に大きな差が出てくるため、注意が必要です。