交通事故FAQ

休業損害(自営業者)

 私は、家族で鮮魚店を経営していますが、交通事故によるケガの治療のため、仕事を休むことを余儀なくされ、他の従業員に大きな迷惑をかけました。私のような自営業者の場合、休業損害どのように算出されるのでしょうか。

 交通事故を原因とする傷害の治療のため、仕事を休まざるを得なくなった場合、「休業損害」の請求を行うことができます。

休業損害は、基礎収入 × 休業日数によって定まります。基礎収入は、職業・身分などによって、算出の方法が異なります。

個人事業主」や農業従事者等で家族従業員を使用している場合には、事故前1年間の売上額から必要経費を控除した純益について、家族の寄与分を考慮した上で、被害者の寄与分を定め、それに応じた被害者本人の収入を算出します。なお、寄与分は、その事業者ごとに異なるので、その事業の規模、形態および関与者の状況を考慮して、具体的な割合を個別的に決定されます。

個人事業主は、税務署へ申告している収入と実際の収入が大きく異なる場合があるとして問題となる事がありますが、収入の証明としては、基本的には、事故前年度の確定申告所得額を365日で割って、休業日数をかけて算出するのが原則です。現実に申告以上の収入があった場合には、帳簿や伝票などで補填することができることもありますが、裁判所等は容易に認めない傾向が強いといえます。