交通事故FAQ

休業損害(休業による解雇分)

 私は、交通事故による負傷の治療が長引き、それが原因で勤務先を解雇されてしましました。治療のための休業期間分については補償を受けられると聞いていますが、会社を解雇されてしまったため、それだけでは到底不十分です。休業が続いたために解雇されてしまった分についても賠償を受けることはできるのでしょうか。

 交通事故を原因とする受傷の治療のため、休業を余儀なくされた分については、「休業損害」として損害賠償の対象となります。

今回のご相談では、通常の休業損害だけでなく、それに加え、治療のための休業が続いたことを理由として解雇されたことに対する損害賠償を受けられないかというご相談となります。

この点、裁判例の中には、症状固定前に退職された場合、退職について事故との「(法的な)因果関係」が認められれば、退職後にも休業損害が認められるとするものもあります。

休業による解雇分の損害賠償請求については、容易に認められにくいため、交通事故の専門家である弁護士へ相談しながら進めることをお勧めします。