交通事故FAQ

逸失利益の算出方法(職業)|弁護士による交通事故相談

 私は、交通事故によって頸椎捻挫の傷害を負い、14級の後遺障害が残りました。ところが、私がファッションモデルの職業をしていることを理由として保険会社が逸失利益を認めないと主張しています。私は逸失利益を請求することができないのでしょうか。

 交通事故によって負ったケガは、治療を受けてもそのすべてが治癒するとは限らず、後遺障害として残存するものもあります。そこで、後遺障害が認定された場合、その等級に応じて損害賠償請求を行うことが可能となります。

後遺障害の逸失利益については、その等級に応じて認められることになりますが、具体的な後遺障害の内容や、職種によっては、一部認められないものもあります。本件でも、頸椎捻挫を原因とする認定等級14級の後遺障害が、モデルのお仕事に影響を与えないとは限りません。その後遺障害がモデルのお仕事に影響するかどうかは、具体的な業務の内容によって判断されます。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士 大隅愛友(おおすみ よしとも)