交通事故FAQ

裁判費用の目安|弁護士による交通事故相談

 私は、交通事故によって生じた損害について、加害者の保険会社から誠意のある示談金の提示を受けられていないため、訴訟手続きによる解決を検討していますが、仮に裁判になった場合、訴訟費用はどれくらいかかるものでしょうか。

 交通事故による損害賠償請求の訴訟においては、主なものとして、「印紙代」、「郵券代」、「交通費」、「日当」があります。また、「訴訟」は、裁判手続きの中でも、訴訟手続きのルールにのっとった、書面と証拠の戦いとなるため、専門家である弁護士へ依頼する場合には、弁護士費用がかかります。

印紙代は、裁判所へ訴訟手続きを申し立てる際の手数料ですが、印紙代の金額は、訴訟の請求額(訴額)によって異なり、請求金額が大きいほど、印紙代も大きくなります。

また、郵券代は、裁判所から訴訟に関係する書類を当事者に送るためのものであり、当事者に人数によって異なりますが、相手方(被告)1人につき6000円(郵券の組み合わせも指定あり)です。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士 大隅愛友(おおすみ よしとも)