赤い本

赤い本とは、交通事故損害賠償のための弁護士向けの書籍であり、正式な名称は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部発行)のことをいいます。

交通事故損害賠償については、多数の裁判例の集積があり、これらについて、弁護士の交渉・裁判の一つの目安の基準を示すものとされています。

具体的な内容としては、事故態様・責任に関する「過失割合」に関する部分と、「損害額の算定」に関する部分があります。赤い本は、主に(1)治療関係費,付添看護費といった損害の項目ごとに,どの程度の損害賠償を求めることができるのか,(2)事故類型では,双方にどの程度の過失割合が認められるのか,を調べるための本で,その内容については,交通事故を専門に扱う東京地裁民事27部の見解が反映されています。

また、弁護士、裁判所における交通事故損害賠償の基準として重要な書籍として、「青い本」と呼ばれるものもあります。なお、「赤い本」、「青い本」ともに通常の書店では購入できず、弁護士会等で購入することになります。