慰謝料

慰謝料とは、交通事故によって被った精神的苦痛に対する損害賠償金のことをいいます。 交通事故は、加害者の被害者に対する不法行為のため、加害者の違法行為に対して慰謝料請求が可能となります。

交通事故の場合、事故の態様(物損、人損、死亡事故)、後遺障害の有無などによって、請求できる慰謝料および請求権者が異なります。

交通事故における慰謝料は、保険会社との交渉・裁判において、非常に大きな争いとなる問題です。算定基準や算定項目など専門的な知識と経験が必要となりますので、弁護士に相談しながら進めることをお勧めします。

(1)人損で後遺障害がない場合・・・入通院に対する損害賠償(入通院慰謝料)を請求できます。
(2)後遺障害が生じた場合・・・上記の入通院慰謝料に加え、後遺障害が残ったことに対する慰謝料
        (後遺障害慰謝料)を請求できます。
(3)物損のみの場合・・・原則として慰謝料請求は認められません。

<慰謝料の基準>  
   ・裁判基準  
   ・自賠責基準  
   ・任意保険基準