買い替え費用(差額)

買い替え費用差額)とは、交通事故に遭い、自動車が損傷した場合、事故時の車両価格から事故後の車両の売却代金(スクラップ代)を引いた差額のことをいいます。

物損事故の場合、原則として、被害車両の修理費用相当額の損害賠償が認められるだけですが、以下のような特別な事情がある場合には、例外的に買い替え費用が認められることがあります。

<買い替え費用が認められる場合>
(1)事故車両の修理が物理的に不可能である場合
(2)修理自体は可能であっても修理費が車両の時価を超えてしまう場合
(3)車両の重要部分に重大な損傷を受けて買い替えが相当な場合は