過剰診療

過剰診療とは、交通事故による傷害の治療について、医学的に認められる以上の必要のない治療を受けることをいいます。

交通事故の治療については、医学的な見地からの必要性、あるいは合理性が必要となり、それが否定されてしまう診療行為(過剰診療)の場合、賠償が認められないことがあります。その場合には、交通事故の治療費として認められる賠償金である必要かつ相当な実費を超える部分については、自己負担となる場合もあります。

治療の要否、内容については、医師と相談し、受診を行うことが重要です。