因果関係

法的な因果関係とは、行為と結果の法的な因果関係(あの行為がなければこの結果がなかった)という関係をいいます。法的な因果関係は、相当因果関係ともいい、損害賠償の範囲を確定するための基準となる考え方のことをいいます。

交通事故によっても、事故(加害行為)によって被害者に生じた損害(傷害、後遺障害、逸失利益)をどこまで加害者に負担させるのが公平なのかという観点から設けられた基準となります。