運行供用者

運行供用者とは、車両運転における運行支配と運行利益が帰属する者のことをいいます。
交通事故の責任は、実際に車両を運転したもの(運転者)が負うのが原則ですが、一定の場合には、運行供用者も、運転者とともに、被害者に対して責任を負うことになります。

運行供用者の例:
自動車を所有し、社員に業務用として使わせている会社

この運行供用者の責任によって、実際の運転者にお金がなくて損害賠償責任を果たせないようなケースでも、運行供用者が、実際の運転者とは別に自動車損害賠償保障法(自賠法)という法律により、人身損害について、損害賠償責任を負うことになります。

なお、物損については、そもそも自賠法の適用がないので、物損示談交渉で、運行供用者であることのみを理由に損害賠償請求をすることは出来ないことに注意が必要です。