仮渡金

仮渡金とは、交通事故損害賠償請求において、最終的な示談だけでなく、内払いの交渉すら待てないような特に経済的に困った状況の被害者のために、損害賠償責任や損害額が未確定の段階においても、自賠責保険会社から一定の金額の支払いの支払いを受けられる制度のことをいいます。

<仮渡金の基準>
  ・死亡事故の場合:290万円
  ・傷害事故の場合:5万円、20万円あるいは40万円

なお、仮渡金を受けた後、その後の治療で実際にはかからなかった分がある場合、その分については、後日返還する必要があります。