過失割合

過失割合とは、交通事故における被害者に発生した損害について、被害者の過失の程度に応じて、被害者の損害額から差し引くという制度のことをいいます。

過失割合は、交通事故によって発生した損害を,加害者と被害者との間で公平に負担させるための趣旨によるものです。

交通事故は、車両の運転という危険を伴う行為に関する事故のため、双方に過失が認められることが一般です。もっとも、追突事故などのように、加害者側の完全に一方的な過失によって事故が起きた,という場合については,過失相殺はなされません。

過失割合は,裁判例の集積などにより、事故の態様ごとに大体の目安が定められております。当事務所では、裁判所等での基準以上の適正な賠償の実現のために、徹底した調査、交渉・裁判手続きを行っております。