基礎収入

基礎収入とは、交通事故の損害賠償請求において、休業損害や逸失利益の算定の基礎となる収入です。

基礎収入は、職種等により算定方法が異なります。この算定によって、賠償金額が大きく変わってきますので、注意が必要です。

<基礎収入の算定の具体例>
(1)基本的には事故前の現実収入額を基礎にします。
(2)事故前の現実収入額が平均賃金を下回っていても、将来平均賃金程度の収入を得られると考えられる
           場合は、平均賃金額を基礎とすることができます。
(3)家事従事者や未就労者:平均賃金額を基礎に、算定します。

自営業の方について、確定申告所得額では収入の実態が反映されていないという場合があります。この場合、その金額を保険会社、裁判所に認めさせるためには、きちんとした資料が必要となります。