休業損害

休業損害とは、交通事故による怪我で、治癒あるいは症状固定までの期間、働くことができずに生じた収入の減少のことです。

特に貯蓄が少ない人、一人暮らしで毎月賃料を払って生活している人、大きいローンを抱えている人などは仕事ができないことで収入が途絶えてしまうと非常につらいことになりますので、この点は専門家に相談して適正な金額を請求していくべきです。
休業損害の具体的な計算方法は職種等により異なります。

<休業損害の算定の具体例>
(1)給与所得者については事故前3カ月の支給額を基礎に、
(2)会社役員については取締役報酬のうち労働の対価と認められる部分を基礎に、
(3)事業所得者については事故前年の確定申告所得額を基礎に、
(4)家事従事者については女性労働者の平均賃金を基礎に、算定します。
(5)学生、生徒や無職者については、原則としては、休業損害は認められません。