後遺障害

後遺障害とは、交通事故によって負った傷害が適切な治療によっても完治せず、症状固定となった後に残存する障害のことをいいます。

交通事故の後遺障害は、医師による「後遺障害診断書」等に基づき、その程度に応じて後遺障害の等級認定を受けることになります。

なお、一般的な用語としての「後遺症」と法律上の用語である「後遺障害」は必ずしも同じ意味ではありません。傷害が完治せずに症状固定となった後に残る支障や痛み一般を指して「後遺症」といいますが、後遺症がある方の全てが損害賠償請求をすることが出来るわけではなく、等級認定がなされない単なる後遺症については、後遺症についての慰謝料などは請求できません。

後遺障害の認定については、第三者機関が医師の医学的知見などをもとに認定することになっており、また、その等級の認定によって受け取れる賠償金額が大きく変わります。

当事務所では、後遺障害について、協力医などと協力し、適正な等級認定を受けられるよう、サポートを行っております。