後遺障害の異議申立

後遺障害の異議申し立てとは、交通事故による後遺障害が残った場合、医師の後遺障害診断書等の客観的な資料を基に、第三者機関である調査事務所において、等級認定を受けることになりますが、仮にその等級認定または非該当という結果に納得が満足ができない場合、異議を申し立てることができます。

後遺障害の異議申し立てに回数制限はありません。

もっとも、専門的な機関が、客観的な資料に基づき認定を行っているため、前回認定時とは異なる医学的資料を補充しないと、結局は同じ判断がなされてしまう可能性が高いといえます。そこで、より専門的な機関による診断書の取得やMRIなどの各種検査を行い、新たな証拠を提出する必要があります。