後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定とは、交通事故によって残存した後遺障害、後遺障害に該当するのか、該当するとして、自賠法施行令の定める1級から14級までの等級のうち、どの等級にあたるのかについて損害保険料算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所が判定することです。

等級は、後遺障害の内容に応じて定められています。

<等級認定を受ける手続>

 1 医師に後遺障害診断書を書いてもらう
 2-1(一括請求の場合)任意保険会社から、調査事務所に対して「事前認定」の申請を行ってもらう。
     調査事務所からの回答は、任意保険会社を経由して被害者へ渡されます。
 2-2(被害者請求の場合)自賠責保険会社から、認定等級の通知を受ける。