高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、交通事故による脳損傷によって起こる認知障害全般のことをいいます。

<高次脳機能障害の具体的な症状>
      高次脳機能障害の具体的な症状としては,以下のものがあります。
        ・失語・失行・失認といった巣症状
         ・記憶障害
         ・注意障害
         ・遂行機能障害
         ・社会的行動障害
       など

<高次脳機能障害の後遺障害認定の等級>
    高次脳機能障害の後遺障害等級としては、その症状の程度に応じて,1級,2級,3級,5級,7級,あるいは9級が認定される可能性があります。

<高次脳機能障害の後遺障害認定のポイント>
   交通事故により高次脳機能障害の認定を受けるためには、客観的な資料が重要となります。具体的には、CTやMRI等の画像所見や,「診断書」,「後遺障害診断書」,「頭部外傷後の意識障害についての所見」,「医師の意見書」,「各種神経心理学的検査結果」等の資料が重要となります。