交通事故証明書

交通事故証明書とは、交通事故に関する具体的な情報(交通事故の日時、交通事故の発生場所、交通事故の当事者、当事者の連絡先、当事者の自賠責保険会社、証明書番号など)が記されている書面で、自動車安全運転センターが発行するものをいいます。

人身事故では、被害者は自賠責保険の被害者救済手続きを行いますが、その際にもこの事故証明書が必要になります。

交通事故証明書は、自賠責保険会社に対して被害者請求を行ったり、訴訟を行ったりする際に必要となります。発行手続きは、最寄りの自動車安全運転センター事務所の窓口で交付を受けるほか、郵送、インターネットでの取得も可能です。

交通事故証明書は、交通事故が発生したことの証明 をしているもので、交通事故の原因や加害者、被害者間の過失割合などを証明するものではない点に注意が必要です。

人身事故の場合、人身事故の交通事故証明書が発行されます。
物件事故の場合、物件事故の交通事故証明書が発行されます。

仮に、警察へ交通事故の届出を怠り、後日、交通事故証明書の交付が受けられなかったような場合、様々な不都合が生じます。具体的には、保険会社に対して、警察へ交通事故を届けでなかった理由書や事故現場を目撃した第三者の目撃書などを入手して、事故が起こった事を立証しなければならなくなります。