代車使用料

代車使用料とは、交通事故による車両の損傷のため、事故車の修理・買い替えに必要な期間、車両を使用できないために必要となった代車の費用のことをいいます。

代車使用料については、かかった全ての金額が認められるわけではなく、代車を実際に使用したこと及び使用する必要性があったことを前提として,現実に要した期間のうちのある程度の期間について認められることが一般です。期間としては1週間から2週間程度が多いといえます。

代車の程度・ランクとしては、事故車と同程度ランクのものが原則となります。もっとも、事故車が輸入高級車であるような場合、国産車とされることもあります。

代車使用料の損害賠償が認められなかった場合、その分は自己負担となってしまうので注意が必要です。

<代車使用料が否定される場合>
・実際に代車を使用したとしても、事故車以外に車両を持っているような場合
・代車を実際に使用していない場合

<現実には出費がない場合の代車使用料>
・友人から借りた場合等に、お礼をする場合は相当額が認定されます