第三者による傷病届

第三者による傷病届とは、交通事故による怪我の治療に健康保険を使う際に必要となる健康保険組合への届出書のことをいいます。

第三者による傷病届の届出手続きは、健保組合に加入している場合、事業所の社会保険担当者を通じて健保組合から入手し、事業所の社会保険担当者を通じて健保組合に提出します。

これに対して、国民健康保険に加入している場合、第三者による傷病届を市町村の窓口(国保係など)から入手し、提出します。その際は交通事故証明書や念書等の資料を添付することが必要となります。

被害者が健康保険で治療を受けた場合、もともと加害者が支払うべき治療費を健康保険組合が負担したことになりますので、後日、健康保険組合はその治療費を加害者または任意保険会社などに請求します。この請求に必要な書類が「第三者行為による傷病届」です。