平均余命

交通事故損害賠償における平均余命とは、「ある年齢の人が、平均して、その後に何年生きられるか」を表す数字のことをいいます。

高齢者の逸失利益を算定する場合や、年金の逸失利益を算定する場合等に用いられます。この平均余命の数字によって、損害賠償の計算、金額が大きく変わってきます。

なお、一般的に使われる、「平均寿命」は、死因にかかわらず、生まれてから死ぬまでの期間のことをいい、平均余命のように、ある年齢から計算を起算するものとは異なります。交通事故損害賠償における「平均余命」とは、ある年齢の人が、平均して、その後に何年生きられるかを表す数字のことをいいます。単位は「年」です。

この数字をまとめた表を「生命表」と言い、厚生労働省が毎年発表しています。