免責証書

交通事故損害賠償における「免責証書」とは、交通事故による損害賠償の交渉・裁判において、保険会社または加害者との示談交渉が終わった場合、その合意した内容を書面にして、お互いが署名捺印したものをいいます(示談書和解書合意書とも呼ばれます)。

様々な合意文書の中で、被害者が合意した内容以上には請求しないとして、被害者のみが署名捺印すればよい形式にしたものが「免責証書」と呼ばれることが多いといえます。また、形式として、示談書、合意書は原則として、合意の当事者双方の署名捺印が必要であるが、免責証書は被害者側の署名捺印だけでよいという違いもあります。

<免責証書を作成する理由>
自賠責保険と違い、任意の自動車保険会社は被保険者と損害賠償請求権者の合意、あるいは裁判による最終的な判決がないと一切の支払いを行うことができないことになっています。

しかし、損害賠償の請求権者が、これ以上は賠償を請求しないことを書面で承諾した場合でも支払いを行うことは可能です。
なお、両者が合意したことを示す示談書が成立しても賠償は行われますが、こちらは加害者の合意も必要となるため、作成に時間がかかります。被害者の迅速な救済のために、免責証書は存在するともいえます。

<免責証書作成の注意点>
免責証書は、上記のとおり、交通事故紛争について最終的な解決を図るために作成されるものとなります。よって、一旦サインしてしまうと、原則として、その後、再度請求を行うことができなくなってしまうため、注意が必要です。

保険会社から免責証書が送られてきたら、サインをする前に、一度、弁護士に相談することをお勧めします。