遊休車

遊休車とは、車両を使って営業を営んでいる個人、会社において、交通事故によって使用ができなくなった(修理・買い替え)営業用の車両に代わって、稼働することができた予備の営業車両のことをいいます。

営業車が交通事故に遭った場合、同車両の修理が終わるまでの間、または買い替えを完了するまでの一定期間はその営業車を使用できず、売上が減少してしまいます。その分の営業利益は休車損害として交通事故の加害者に請求することができます。

遊休車の概念については、交通事故における物的損害(物損)の1つである「休車損害」を算定する場面で用いられるものです。
遊休車があれば、交通事故によって 営業用車両が使用できない期間について、同車両が使えなくなることによって生じた休車損害が認められにくくなります。

遊休車の不存在は被害者において立証を行う必要がありますが、加害者、加害者の任意保険会社は容易に認めない傾向にあるといえます。

<遊休車の判断基準>
  ・保有車両の台数
  ・稼働率
  ・運転車の数
  ・仕事の受注体制
 など