労働能力喪失期間

労働能力喪失期間とは、交通事故による負傷によって事故後の労働能力を失うまたは低減することになる期間のことをいいます。

労働能力喪失期間は、交通事故被害者の逸失利益を算定する場面で用いられるものであり、交通事故の損害賠償請求において、非常に重要な概念です。

労働能力喪失期間の終期は、原則として、症状固定時から就労可能年限67歳)までの期間となります。

労働能力喪失期間の例外
・交通事故被害者が高齢者の場合、通常の67歳の終期では、労働能力の喪失がないとされてしまう場合があります。そこで、高齢者の場合は「67歳までの期間」と「平均余命の2分の1」のどちらか長い方とされます。

ただし、高齢者の方の職種、地位、健康状態、能力等により上記原則と異なった判断がなされる場合があります。

むちうち症の場合の喪失期間の制限

 後遺障害等級12級該当・・・5から10年
 後遺障害等級14級該当・・・2年から5年以下