労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、交通事故の後遺症(後遺障害)によって失われてしまう労働能力を、その後遺障害の程度に応じて遺数値化して表現したものをいいます。労働能力喪失率は、交通事故による逸失利益を計算する場面で用いられます。

労働能力喪失率は、交通事故損害賠償実務においては、「労働能力喪失率表」という後遺障害の等級に対応して労働能力の喪失率を定めた表が使われます。労働能力喪失率表を基準として、さらに被害者の方の後遺症の程度や、年齢、性別、職業の内容など個別具体的な事情を考慮されたうえで労働能力喪失率が算定されます。

<労働能力喪失率表>

1級:100%

2級:100%

3級:100%

4級:92%

5級:79%

6級:67%

7級:56%

8級:45%

9級:35%

10級:27%

11級:20%

12級:14%

13級:9%

14級:5%

 

労働能力喪失率表を基準として、被害者の方の後遺障害の程度、年齢、性別、職業の有無、内容などの個別具体的な事情を考慮したうえで、具体的な労働能力喪失率が算定されます。

労働能力喪失率表は、交通事故の損害賠償請求の裁判においても重視されるものです。

<認定の等級以下の労働能力喪失率が問題となるもの>
以下のような後遺障害の場合、裁判例においても、上記の基準値より低い喪失率が認定されたり、労働能力喪失自体が否定され、後遺障害の逸失利益が認められないこともある障害があります。

 ・外貌醜状
 ・脊柱変形
 ・鎖骨変形
 ・歯牙障害
 ・嗅覚・味覚障害