一括請求

一括請求は、任意保険が利用できる場合に、任意保険会社が窓口となり、自賠責保の支払い分もまとめて(一括して)支払う制度です。

交通事故損害賠償において、「任意保険」は(人損部分のみについて最低限の保障である)「自賠責保険」でまかなえない部分を補てんする保険です。そこで、加害者が任意保険に加入している場合、本来であれば、任意保険会社は自賠責保険で補てんできなかった損害のみを被害者に支払えばよいことになります。

もっとも、それでは被害者は自賠責保険会社と任意保険会社の両方に請求しなければならなくなります。被害者が二重に請求する手間を省くための制度が一括請求の制度です(なお、被害者への支払後、任意保険会社は立て替えた自賠責保険の支払分を自賠責保険会社から受け取ることになります)。

事故後、加害者の損保会社から送られてくる「同意書」に一括請求への同意条項が記載されていることが多いですが、これはまさしくこの「一括請求」のことを指しているわけです。