事前認定

交通事故の事前認定とは、加害者の任意保険会社が、後遺障害認定等に際して、被害者に対して保険金を支払う前に、指定保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)から認定をもらうという手続のことをいいます。

事前認定は、任意保険会社が、「一括請求(任意一括)」の手続きを取る際に行われます。

一括請求(任意一括)とは、加害者の任意保険会社が窓口となって、交通事故の損害賠償金(自賠責保険金+任意保険会社支払分)を被害者に対して支払った後、同任意保険会社が立替えた分を自賠責保険会社に請求するというものです。

事前認定は、加害者の任意保険会社が後遺障害等級認定を自賠責調査事務所に依頼し、調査事務所がその結果を任意保険会社に通知し、任意保険会社がその結果を被害者に伝える、という流れになります。

事前認定の場合、医師から取得した「後遺障害診断書」を加害者の任意保険会社に提出すれば、その後は保険会社がその後の全ての手続を行います。そのため、被害者としては後遺障害の等級の認定結果を待つだけとなりますので、被害者の手続負担としては軽いものとなります。

もっとも、適正な後遺障害の等級認定という観点からいうと、必ずしもベストの選択肢ではないことに注意が必要です。
加害者の任意保険会社は、被害者に認定される後遺障害等級について、より重い等級が認定されると高額な賠償金を払わなくてはならないという立場にあります。そのため、なるべく低い等級認定を望むことが通常です。

そこで、加害者の任意保険会社に任せたままにしてしまうと、後遺障害の等級認定に向けての積極的な働きかけやアドバイスを行わないことはもちろん、場合によって、保険会社の顧問医による被害者に不利な意見書を添付されたり、担当者がMRIやレントゲンなどの重要な画像資料を提出しなかったりと、等級認定のための十分な資料が提出されないというケースもあるようです。当然、そのようなケースでは低い等級になってしまう可能性もあります。

よって、後遺障害の等級認定手続に際しては、事前認定ではなく、「被害者請求(16条請求)」を行い、任意保険会社を通さずに、自賠責保険会社に後遺障害等級認定手続きを行うことも検討することになります。

後遺障害の等級認定及びその手続きについては、専門的な話になるため、後遺障害の等級認定に不安がある場合、交通事故に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。