実況見分調書

実況見分調書とは、警察官が、交通事故現場の状況を調べて、その内容を記載した書面のことをいいます。

交通事故における実況見分調書には、事故現場の状況、衝突地点、ブレーキを掛けた地点などが記載され、また、加害者の指示説明に従い、衝突した地点とブレーキを掛けた地点との距離を計測して記載したり(事故現場見取図)、あるいは現場の写真を添付して、走行車両から道路をどのように見通せるのか、立会人の名前、立会人の指示説明等が記載されます。

交通事故に関する実況見分には、できる限り自ら立会いを行うことをお勧めします。
なぜならば、実況見分調書は「事故態様・過失割合」が争いになるケースにおいて、実況見分調書は非常に有力な客観的証拠となるものであり、また、加害者の一方的な言い分に基づいて作成される恐れがあるためです。

実況見分の立会いの際には、事故当時の状況をよく思い出して、加害者に一方的に有利な内容が記載されてしまわないよう注意が必要です。