自賠責保険

自賠責保険(強制保険)とは、自賠責法(自動車損害賠償補償法)に基づき、交通事故の被害者の救済のために、加害者が負うべき経済的な負担を補填することによって、対人賠償を確保することを目的とした保険のことをいいます。損害保険会社が取り扱う「自賠責保険」のほかに、全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」がありますが、基本的に内容は同じです。

自賠責保険は、自動車の所有者が強制的に加入しなければならない保険です(原動機付自転車なども対象になっています)。
自賠責保険に加入しないで自動車を運転することは違法です(未加入の場合、罰則があります)。

<自賠責の支払限度額>
・死亡事故の場合
1 死亡による損害は3000万円
2 死亡に至るまでの傷害による損害は120万円

・傷害事故の場合
1 傷害による損害は120万円
2 後遺障害による損害は、介護を要する場合は3000万円~4000万円、
  その他の場合は75万円~3000万円

交通事故の損害賠償請求においては、多くの場合、任意保険会社が「一括対応」を行うため自賠責の保険会社が交渉の表に出てくることは少ないといえます。

しかし、任意保険会社の支払がこの自賠責の支払限度額を超えそうになると(例えば、頚椎捻挫などの場合で治療費と休業損害が通算120万円を超えそうな場合)、任意保険会社の自腹となるため、治療費打ち切り、休業損害の打ち切りを打診してくるきっかけになる、という意味で、この支払限度額は重要な意味を持ちます。

自賠責保険は、人身損害の補てんを目的とするものであり、物損は対象外であることに注意が必要です。