自由診療

自由診療とは、交通事故の治療のうち、保険を使った診療(保険診療)ではない医療という意味であり、治療費の全額を自己負担する必要がある治療方法をいいます。

自由診療においては、患者の希望を受けて、医療機関が治療内容及び治療費を裁量で決定することができ、厚生労働省が承認していない治療や薬を使う治療費は健康保険等を使用した場合と比べて非常に高額になることがあります(自由診療の診療報酬の点数単価は1点10円~30円程度です)。

これに対して、健康保険等を使用して診療を受ける「保険診療」の場合、窓口で治療費の3割を自己負担分として支払う必要がありますが、残りの7割は健康保険等が医療機関に対して支払いをしてくれます(保険診療の場合の診療報酬の点数単価は1点10円で計算されます)。また、高額療養費制度により、上限から超えた部分は払い戻しが受けられます。

<自由診療のメリット、デメリット>
1 自由診療のメリット
病院側のメリット:自由に料金を設定することができる。
患者側のメリット:医師から自分に合った治療法を提案してもらったり、自分の納得のく治療を受けることができます。

2 自由診療のデメリット
自由診療のデメリット:医療格差です。お金を持っている人は最高の医療を受けることができますが、お金を持っていない人は自分の支払える範囲の治療しか受けることができません。民間の医療保険やがん保険に加入していれば良いですが、加入していない人は高額の医療費を払い続けることは難しいでしょう。

<交通事故の治療>
治療においては、自由診療と保険診療のいずれも用いることができます。なお、交通事故の治療の場合、健康保険が使えない(自由診療の扱いとなる)といわれることがありますが、そのようなことはありません。交通事故の治療でも当然、健康保険を使うことができます。

なお、平等な医療を受ける機会を保証した皆保険制度の主旨に反してしまうため、一連の治療で保険適用の治療と自由診療の併用(混合治療)は現在の医療保険制度では認められていません。