使用者責任

使用者責任とは、民法の不法行為制度における概念で、ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負うという制度のことをいいます。

(民法709条、民法715条)民法上の不法行為責任は、基本的に直接的な加害者の責任を想定していますが、それに加えて「特殊の不法行為」といわれる不法行為責任がいくつかあります。

使用者責任は、報償責任公平の原理に基づくものです。

<使用者責任の具体例>
そば屋のアルバイトが、バイクでそばを配達中に交通事故を起こしたという場合、事故を起こしたアルバイトだけの人だけでなく、そば屋自体も事故で被害者に生じた損害を賠償する責任を負います。

使用者責任は、加害者本人・加入している保険会社が事故の賠償を行うことができる場合には、大きな問題となりません。
しかし、加害者本人に資力がない場合などに被害者救済の観点から重要なものとなります。

なお、この使用者責任に基づき、使用者等が被害者に対して損害賠償を支払った場合、使用者は、不法行為者である被用者に対して求償できます(民法715条3項)。

<使用者責任が認められる条件>
①使用関係があること
②「事業の執行について」なされること
③被用者の不法行為
④使用者に免責事由がないこと