症状固定

症状固定とは、交通事故によって負った傷害について、これ以上治療を続けてもそれ以上は治療の効果が見込めない状態になった状態をいいます。
具体的には、
病院で投薬やリハビリを受けると多少はよくなるけれど、しばらく経つとまた病状が戻り、という一進一退を繰り返すような状態です。

症状固定となった場合、その状態が一生続くことがほとんどですが、日常生活を送っている中で数年かけて治癒する場合もあり、その後の経過を予測することは困難なようです。

しかし、これまでと同じような治療を続けても、続けなくても、ケガの状態に対する治療効果は変わらないということです。

<症状固定の判断者>
医学的な意味での症状固定は、「医師が症状固定の診断すること」です。
よって、症状固定かどうかは、保険会社が決めるべきことではありません。保険会社のいう症状固定は単なる治療費の打ち切りをいっていることが多いと思われます。症状固定のタイミングは被害者自身の申し出や専門的な知見に基づき、医師が決めることになります。

<症状固定の効果>
症状固定日の後は、被害者の治療費は、認められなくなるのが原則です(後遺障害が残った場合、「後遺障害慰謝料」、「後遺障害の逸失利益」の問題となります)。

また、交通事故のケガを原因として働けないことを前提とする「休業損害」は請求できなくなります。その反面、働くことを前提に、それに対してどの程度影響(ロス)があるか、そしてその期間はどの程度続くのかをお金に換算した「逸失利益」が、後遺障害の等級が認定されれば請求できることになります。

傷害に関する傷害慰謝料(入通院慰謝料)も症状固定日から後は発生しなくなります。

<症状固定の意義>
症状固定時は、後遺障害の等級認定の申請及び具体的な示談交渉の開始時期となる非常に大切な時期です。

なお、医師が後遺障害診断書に記載した「症状固定日」が、損害賠償請求の際に必ずしも絶対的な「症状固定日」と認められるわけではありません。

裁判で症状固定の時期が争いとなり、裁判所が医師の判断を尊重しつつも、個別の事情を考慮して、医師の判断と異なる症状固定日を認定することもあります。

・裁判所の症状固定日の判断基準
裁判所は、医師の判断を踏まえたうえで、以下のような事情をもとに症状固定日の判断を行います。

  ①傷害や症状の内容
  ②症状の推移(治療による改善の有無)
  ③治療・処置の内容
  ④治療経過(通院頻度、治療中断の有無)
  ⑤検査結果(他覚的所見の有無)
  ⑥当該症状につき症状固定に要する通常の期間
  ⑦交通事故の状況(衝撃の程度など)